エバーグリーンフィルハーモニーオーケストラ

当団は2019年に東京農業大学農友会管弦楽部を卒業した有志により、エバーグリーン弦楽オーケストラとして設立され、活動してまいりました。現在は弦楽曲のみならず、管弦楽曲にも取り組んでいることから2021年よりエバーグリーンフィルハーモニーオーケストラと団名を変更して活動をしております。

現在は卒業生だけでなく広く団員が所属しており、より良い演奏をできるよう日々練習にはげんでいます。

宮内 晃(指揮)

1983年、桐朋学園大学入学。江藤俊哉、篠崎功子、岡山潔、T.クリスチャンの各氏に師事。在学中より数々のオーケストラにて活躍した後、1990年読売日本交響楽団に入団。1992年、読売日本交響楽団メンバーにより「ラーク弦楽四重奏団」を結成。1993年、第1回大阪国際室内楽コンクールにおいて全額奨学生として推薦を受けウィーンに留学し、アルバンベルク弦楽四重奏団、バルトーク弦楽四重奏団に師事。1995年、1997年にウィーン国際音楽アカデミー・マスタークラス修了。1999年、第9回全日本ソリストコンテスト奨励賞受賞。
室内楽などのあらゆる方面で活躍されている他、2004年から東京農業大学農友会管弦楽団ヴァイオリントレーナーを務めており、数多くのアマチュアオーケストラの指導も行っている。